お知らせ

稲の生育
2019年 5月 17日(金曜日) 16:29

~美味しいお米ができるまで~

  • お米はどうやってできるの?
  • 普段食べているお米はどのように作られるのか
  • まずは田植えをする前の過程を見てみましょう!

苗作りは、籾を発芽させて撒き種から育てます。

  1. 選別をします。籾を塩水に浸けると軽い籾は浮き
    重い籾は沈みます。沈んだ籾を使います。
  2. 籾を消毒します。
  3. 温度調節をして発芽させます。

苗作りは、籾を発芽させて撒き種から育てます。   天苗作りは、籾を発芽させて撒き種から育てます。

(種まき)

昔は手作業でしたが、今は機械を使う農家さんが多いです。
ベルトコンベア式の機械で、苗箱に土→種もみ→土の順番で入れていきます。

(種まき)  (種まき)

(種まき)  (種まき)

(種まき)

(育苗)

苗箱を専用の温室に3日ほど入れる。
3日経つと、白く細い芽が出てきます。

その後、ハウスへ種もみを移動し2週間~20日育てます。
ハウスの温度に気を付けます。
※温度が低いと育たない。温度が高いと黄色く変色してしまう。

(育苗)    (育苗)

種まきから20日ほど経ちました。
ハウスの中で苗が育っています。
いよいよ、明日は田植えです。

田植えの前に田んぼの準備をします。
田んぼに水を入れ、トラクターで土と水をかき混ぜます。
土と水を馴染ませる事で、田んぼに水を入れても抜けなくなります。

田植えの前に田んぼの準備   田植えの前に田んぼの準備

田植えの前に田んぼの準備  田植えの前に田んぼの準備

田植えの前に田んぼの準備  田植えの前に田んぼの準備


いよいよ田植えのはじまりです!


【2019年5月4日】


平成から令和になり、今年のGWは
10連休です。
田植えから2週間の田んぼの様子です。

【2019年5月11日】

晴れの日が続き、気温も上がって暖かいです。
順調に成長しています。

【2019年5月18日】

 

【2019年9月7日】

 

ホームページの移行作業がなかなか進まず、更新がだいぶ遅れてしまいました。

 

稲は順調に成長し、あっという間に稲刈りの時期になりました。

今年もご協力いただいている多田さんに稲刈りをお願いしました。

おいしいお米が収穫できました。

田植えから稲刈りまでご協力いただきありがとうございました。